病院

不妊治療をするなら口コミの良い所【良し悪しを見極めれば問題なし】

妊娠中の食事

サプリメント

積極的に摂りたい葉酸

妊婦は、元気な赤ちゃんを産むためにバランスのとれた食事を心掛ける事が大事です。毎日の食事で積極的に摂りたい栄養素として、葉酸があります。この葉酸とは、ホウレンソウの葉っぱから発見された水溶性のビタミンB群のことです。妊婦が葉酸を摂るべき理由は、胎児の神経管閉鎖障害のリスクを減らす効果が有るからです。神経管閉鎖障害とは、胎児の脳や神経が細胞分裂で正常に形成されない症状です。胎児の脳や神経は妊娠初期に作られるので、妊娠の前から葉酸を摂取したほうが良いです。葉酸という栄養を摂取する際の注意点は、1日当たり1mgを越える量を摂らない事です。というのも、栄養を取りすぎると、出産した子供がぜんそくになるリスクが有るからです。決められた量をきちんと摂る事が大事です。

摂らない方が良い食品

子供がお腹にいる妊婦は、普段の食事に注意をする必要が有ります。というのも、摂取する食品によっては、体に悪影響になる場合が有るからです。たとえば、妊婦は基本的に、生物を食べないほうが良いです。たとえば、刺身や寿司などの生魚は、たんぱく質などの栄養が豊富で体にいいものです。とても美味しいので、好きな人は多くいます。しかし、妊娠中というのは、平常時よりも体の免疫力が低下している状態です。そのため、普段なら生物が大丈夫でも、食中毒にかかるリスクが高くなります。食中毒になった場合、嘔吐や下痢などの症状が出て、胎児に影響が出てしまいます。なので、生物を食べる場合は、絶対に鮮度を確認して選ぶ必要が有ります。