病院

不妊治療をするなら口コミの良い所【良し悪しを見極めれば問題なし】

必要とされる栄養素

栄養素

リスクを減らすもの

女性が妊娠した場合、色々な栄養素が通常よりも多く必要になります。中でもビタミンB群である葉酸は普段の2倍量の摂取が必要です。葉酸を摂る事で神経管閉鎖障害という先天性異常のリスクを減らし、貧血やつわりの症状を軽減してくれる効果があります。異常の多くは妊娠直後から現れます。妊娠の希望がある時は妊娠の1か月前から意識的に摂る事が大事です。現在はバランスの良い食事を中心とし、足りない分を補う意味で葉酸サプリメントを推奨しています。妊娠中では他の栄養素も不足する場合があり、サプリを有効に使うことで他のビタミンやミネラルなども補うこともできます。葉酸は赤血球を作ったり、正常な細胞の発育にも欠かせない栄養素になります。

工夫をして健康な生活

妊婦が葉酸が必要だからと言ってサプリだけを摂っても良くありません。基本は規則正しい食生活になります。葉酸はアスパラガス、ほうれん草、ブロッコリー、イチゴなど色々な食品に含まれています。しかし、水溶性ビタミンになるので加熱調理などで栄養素が失われることがあり、調理や保存では工夫が必要になります。効果的に摂るにはフルーツや生野菜サラダが簡単に食べられます。妊娠中の葉酸の必要量を確保するには食品からだとかなりの量が必要なので、サプリとの併用は吸収率を考えると大事になります。また、飲酒や喫煙をしていると葉酸の吸収を阻害してしまうので注意が必要です。飲酒や喫煙は、胎児にも悪影響を及ぼすので妊娠が発覚した時点で辞めるようにしましょう。どうしてもう止めれないというひとは、医師や助産師に相談するとよいです。